スパリング いわき湯本温泉 さはこの湯(福島県)

JR常磐線湯本駅から北に600m、8分歩くと「さはこの湯」があります。

車の場合は、常磐自動車道いわき湯本インターを降りて、東に4.2キロ、8分ぐらいで着きます。さはこの湯の隣に専用の無料駐車場があります。満車の場合は、石炭化石館駐車場があります。


奈良時代に開湯されたと言われ、かつてこの地は「佐波古」と呼ばれていました。延喜式神名帳では、日本三古湯(有馬・道後・いわき湯本)に数えられています。

(※日本書記では、有馬・道後・白浜です。)

入湯料は大人300円です。ph7.6の硫黄の香りがする弱アルカリ性硫黄泉です。近くには、湯長谷城跡、磐城平城跡、飯野平城跡などがありますので、お城めぐりの後にほっと一息ついて下さい。

さはこの湯から南に200m歩くと、鶴の足湯があります。江戸時代の湯本温泉は、江戸と仙台を結ぶ浜街道の温泉宿場町で湯治客で賑わいました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする