キャスリング 竹中陣屋編

JR東海道線垂井駅から北西に4キロ歩いて50分、車の場合名神高速道路関ヶ原インターを降りて5キロ10分走ると竹中陣屋があります。

豊臣秀吉の軍師 竹中重治(半兵衛)の子、竹中重門が築いた陣屋です。

軍師として名高い竹中半兵衛はこの裏手にある菩提山城(標高402m)に山城を構えていました。しかし三木合戦の陣中で死去しました。息子の竹中重門が城主となり、関ヶ原の戦いの際には徳川家康に菩提山城を貸しました。関ヶ原以後菩提山城から麓の陣屋に移しました。

櫓門の奥は岩手小学校、岩手幼稚園になるので入れません。明治の廃城令の際に櫓門は学校正門であると主張し残されました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする