キャスリング 蔵王堂城編

JR信越本線北長岡駅から西に1.3キロの所に、蔵王堂城跡があります。

車の場合、関越自動車道長岡北スマートインターから東に3.6キロ、7分ぐらいです。画像のような4台置ける無料の駐車場があります。

まずは、金峯神社にて旅の安全祈願を行い、キャスリングスタートです!金峯神社は、吉野の金峯山寺「蔵王堂」から由来しています。

こじんまりしたお堀と小高い山があります。朝の散歩コースにはもってこいです。

南北朝時代 北朝方の中条氏が本陣を構えました。その後、南朝方の風間信昭に攻められています。

その後、長尾為景が本格的に縄張りし、会津に異動するまで、上杉氏家臣が治めました。

上杉氏が会津へ異動となり、春日山城に入った堀秀治の弟の堀親良が入城し、蔵王堂藩初代藩主となります。

蔵王堂城、坂戸城に堀直寄が入城しますが、堀秀俊、堀直清の讒言で国外追放されますが、将軍の徳川秀忠に直訴し、裁定により忠俊は改易となり、直寄は駿府で徳川家康に仕えました。大坂の陣で武功を上げて8万石の蔵王堂城に返り咲きました。その後、村上でも城下町を整備し、徳川秀忠、家光に仕えるほどの信望が厚かった方でした。

堀直寄は、蔵王堂城が信濃川の浸食により城の維持が難しくなってきた為、長岡城の築城を始めました。

1616年 長岡城の完成とともに、蔵王堂城は廃城となりました。桜が植えられ、地元の方から愛されているお城で、20分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする