キャスリング 柳川城編

西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅から西に2.5キロ、30分歩いた所に柳川城跡があります。駅の近くに水郷の船乗り場があるので水郷散策で周るのも良いと思います。車の場合は城跡近くに駐車場はありませんでした。

現在本丸は柳城中学校になっており、通学路になっているので注意して下さい。なんと張り子のお城がありました!これはこれで面白い。

1501年~1504年に間に蒲池治久によって築城されました。その後龍造寺隆信(久留米城でも出てきました)や鍋島直茂が攻めましたがなかなか落城されませんでした。

落城できなり理由として、何重にも張り巡らされたお堀にあります。しかも水門で水位調節ができるので敵が来たら攻撃不能に陥らせます。現在はゆったりとお堀めぐりができます。

豊臣秀吉の九州平定後は立花宗成が筑後南部13万石の城主となります。しかし1600年の関ケ原の戦いで西軍に付いたため田中吉政が築後32万石の柳川城主となります。そして田中氏が改易となりまた立花氏に戻ります。立花宗成の大河ドラマ推しをしていました。

殆ど遺構が無いので時間はかかりませんでした。実際には五重五層の層塔型天守で福山城などに似ていたと言われている立派なお城でした。明治5年に失火で焼失してしまいました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする