キャスリング 萩城(日本100名城)

JR山陰本線玉江駅から北に1.5キロ、20分歩くと萩城の入口に近い、指月第一駐車場に着きます。萩駅からは、30分おきに循環バスがあります。

車の場合、無料の指月第一駐車場があります。

駐車場には、萩城周辺の看板がありますので、他の見どころもチェックしてみて下さい。世界遺産の萩城や城下町以外にも、反射炉、松下村塾などの世界遺産ゾーンがあります。

標高143mの指月山の山麓に築かれたので、別名:指月城とも呼ばれています。駐車場から歩くと虎口の石垣が見えてきます。

元々は、指月山に、津和野城主の吉見氏が出城を構えたのが最初です。吉見正頼の隠居としても使われていました。

1604年 関ヶ原の戦いで西軍の総大将になった毛利輝元は、改易は免れましたが周防、長門国に減封となり、長門国に萩城を築城しました。二の丸南門跡には、毛利輝元像があります。

塩矢倉跡を越えると萩焼のお店が並びます。さらに奥に行くと内堀と石垣が見えてきました。

内堀を渡ると料金所があります。大人210円で、旧厚狭毛利家萩屋敷長屋も共通で入場できます。ここに、日本100名城スタンプが置いてあります。城内を時計周りで周っていきます。

まずは天守台です。裾は緩やかですが上に行くと垂直に近い、扇の勾配の美しい天守台です。

天守台に上がります。

天守台には、桃山初期の形式で最上階に高欄をめぐらした五層の天守がありました。

標高143mの指月山の山頂には、萩城の詰丸があります。山頂まで730mの登山道で、20分歩きますが、せっかくなので行ってみましょう。

山道なので歩きやすい靴が良いです。ちらほらと石垣があります。

石垣と土塀が見えてきました。

虎口になっており、枡形虎口となっています。

詰丸(要害)は、二の丸と本丸、7つの櫓と2つの門で構成された、籠城する為の最後の砦でした。江戸幕府との交戦も想定したのでしょうか。本丸には、石垣を調達した石切り場や貯水施設の池などがあります。

麓に戻り、本丸の真ん中には、花江茶亭や庭園、藤棚があります。花江茶亭は、13代毛利敬親が家臣たちと情勢を論じ、政を決めていました。

本丸の北側には、毛利元就、隆元、輝元、敬親、元徳の五柱が祭神となっている志都岐山神社があります。

志都岐山神社で、旅の安全を祈願します。

神社境内には、吉田松陰の妹の寿と結婚し、初代群馬県令となった楫取素彦が寄進した井戸があります。

東側の本丸石垣です。

本丸北東側には、6代藩主毛利宗弘が造園した東園があります。

東園から東に向かうと潮入門跡があり、石垣には銃眼土塀があります。昭和40年に復元され、大河ドラマ「花燃ゆ」のロケ地になりました。

白亜の土塀と美しい砂浜と風光明媚な萩の海がマッチしています。

海沿いの土塀に沿って行くと華矢倉跡があります。最終地点は二の丸東門に着きます。

内堀が見えてきて、これで時計周りで一周しました。詰丸も含めて100分のキャスリングでした。

駐車場の隣には、国の重要文化財の旧厚狭毛利家萩屋敷長屋があり、萩城の入場券と共通して入れます。

(おまけ)

城下町ゾーンには、復元された三の丸に北の総門があります。

1569年 山口に大内輝弘が乱入した際に、髙嶺城に立て籠もり毛利元就から感状を受けた菊屋家住宅など風情のある城下町です。

1863年 萩から山口に政庁が移り藩経済が困窮しました。萩藩士の小幡高政が夏みかんの栽培を奨励し、産業化しました。

萩城から東に約2キロの所に、武士の身分の者を投獄する野山獄、庶民を投獄する岩倉獄があります。吉田松陰や高杉晋作が囚われました。

萩城から東に1.3キロの所に、外国船の襲来に備えて、武士の妻や奥女中の方が築造した女台場(おなごだいば)があります。高さ3m、幅12m、長さ50mの土塁が残っています。

萩城から東に5キロの所に、恵美須ヶ鼻造船所跡があります。


1853年 ペリー来航で危機感を感じた幕府老中の阿部正弘は、「大船建造の禁」を撤廃しました。お台場に砲台を築き、各藩も西洋式の船と海軍を創設していきました。萩藩も同様に木戸孝允の意見で造船所を造り、2隻の洋式軍艦を造船しました。

萩城から東に4キロの所に萩反射炉があります。海防強化の一環として、鉄製大砲を鋳造するために築造しました。全国でも、佐賀藩が築地反射炉、薩摩藩の集成館反射炉、幕府の韮山反射炉と次々と反射炉が築造されました。高温にする事で鉄に含まれた炭素と酸素を結合させ、軟らかく粘り気のある鉄に変える事が反射炉の特徴でした。

萩城から東に3.4キロの所に、松陰神社、松下村塾があります。1842年 吉田松陰の叔父、玉木文之進が私塾の松下村塾を開き、身分の隔てなく塾生を受け入れ、近代日本を主導した多くの人物が輩出されました。

松陰神社の南には、伊藤博文の旧宅があります。松下村塾生から、兵庫県知事、初代内閣総理大臣になりました。

萩城から東に4.3キロの所に、東光寺があります。1691年 萩藩3代藩主毛利吉就が建立した黄檗宗毛利氏の菩提寺となりました。

萩城から南に3.7キロ、山陰本線萩駅があります。隣の東萩駅がメインとなり、萩駅は無人駅ですが、国の登録有形文化財です。

道の駅萩往還に併設された松陰記念館は無料で見学、学べる施設です。

10体の萩の偉人像が並んでいます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする