キャスリング 塚崎城編

武雄温泉駅から1.5キロ約20分歩くと塚崎城跡があります。住宅街の中にあり階段を上ると城跡があります。住宅街なので車を停める場所はありませんでした。

1118年頃関東から移り住んだ後藤氏が治め、武雄市シンボルの御船山を居城としました。江戸時代初期、龍造寺氏から鍋島氏になり、後藤氏は鍋島氏の家臣となり鍋島に改姓し、佐賀藩武雄領の自治を行います。武雄鍋島家第28代領主の鍋島茂義は、医学、科学、西洋技術に目をつけ、鍋島直正に影響を与える人物でした。

(おまけ)

近くには武雄温泉、武雄市図書館などくつろぎスポットがあります。詳しくはスパリング武雄温泉編をご覧ください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする