キャスリング 御館編

妙高はねうまライン、日本海ひすいライン直江津駅から西に800m、10分歩くと御館跡があります。

車の場合、周りは住宅街で駐車場はありませんので、コインパーキングなどの利用となります。


1555年~1558年 関東管領の上杉憲政は上野国平井城を居城としていましたが、北条氏が侵攻で長尾景虎(上杉謙信)を頼ってきました。上杉謙信は憲政の居館として東西250m、南北300m四方の規模の関東管領館を造営しました。謙信は御館を外交館としても利用していました。

1578年 上杉謙信死後の家督争いの舞台となった御館は、上杉景虎方の居城となりました。しかし上杉景勝の攻撃で落城し、上杉景虎は鮫ヶ尾城に逃げましたが自刃し、乱は終わりました。御館から西に1.5キロの海岸は、御館の乱の戦いの地でなった居多ヶ浜があります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする