キャスリング 福島城編(越後国)

信越本線黒井駅から西に1.7キロ、22分歩くと福島城跡があります。

車の場合、城跡は古城小学校となり周りにも駐車場が見当たりませんでした。


1607年 春日山城の上杉景勝は会津へ異動、堀秀治が春日山城に入城しますが、山城の不便さから福島城を築城を開始しました。堀秀治の子の忠俊の代に完成し春日山城は廃城となりました。案内板を見るとかなり大きな城であった事が分かります。

1610年 堀忠俊が改易となり、徳川家康六男の松平忠輝が入城しました。

1614年 松平忠輝は高田城を築城し、福島城はわずか7年で廃城となりました。廃城の理由として、水害が起きた事や一説には海に近く「波の音で眠れない」とも言われています。

春日山城から福島城、高田城へと続く物語が分かった、15分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする