キャスリング 福岡城編(日本100名城)

福岡市地下鉄空港線大濠公園駅から300mで福岡城潮見櫓に着きます。

車の場合は、大手門と護国神社をつなぐ道路沿いにコインパーキングがあります。舞鶴公園第2駐車場に停めました。60分150円でした。

駐車場に近い南側からキャスリングスタート!南二の丸北隅櫓、多聞櫓が見えます。多聞櫓は修復中でした。

1587年、島津氏を降伏させて九州を平定した豊臣秀吉は、毛利氏家臣の小早川隆景に筑前国を与えました。1600年関ヶ原の戦い後、豊前国中津城から黒田長政が、海に近い名島城を廃城してここに築城しました。元々は警固村福崎という地名を黒田氏の故郷備前国福岡の地名に変えたので、現在まで福岡と呼ばれています。

桐木坂御門を越えて多聞櫓に近づきます。反時計周りで、まずは鴻臚館の方に向かいます。

綺麗な野面積みの横には梅の花が咲き始めていました。比較的傾斜の緩い石垣です。

鴻臚館には100名城スタンプが置いてあります。他にも福岡城むかし探訪館にも置いてあります。鴻臚館は平安時代に、福岡、大阪、京都に置かれました。その跡が残っているので福岡だけです。(城郭検定2級出題)

鴻臚館は、7世紀後半から11世紀半ばの400年間存在し、唐の鴻臚寺にならい鴻臚館としました。記帳を行い入館します。入館は無料です。外交使節をおもてなししたり、留学生の拠点施設として使用されていました。

鴻臚館を離れ、東御門から入城します。

本丸には、祈念櫓があり鬼門(北東)封じを祈念するための櫓です。

本丸跡にある井戸には、2005年の福岡県西方沖地震の震源となった警固断層を観測する為、井戸の水位を計測しています。

いよいよ天守台に上がります。鉄御門、埋門があります。

天守閣の有無は定かではないですが、礎石や石垣の規模から五層の大天守閣が建っていたと推測され、福岡52万石にふさわしい天守閣だったのでしょう。天守台からは、福岡ドーム、福岡タワーが見えます。

1871年の廃城まで福岡藩黒田氏が治めていました。その間、黒田騒動などのお家騒動がありました。

福岡城北側のお堀沿いの明治通りに外堀の石垣が見学できる地下入口があります。毎週土日の10時~17時まで公開しているそうです。

桜が満開の季節に、上之橋御門跡地からも入城しました。

福岡城の前身、名島城にあった名島門が平和台陸上競技場と大濠公園の間にあります。

その他、潮見櫓、母里太兵衛の長屋門、黒田如水の隠居跡などがありますが、時間の関係で行けませんでした。またゆっくりと見たいですね。約60分のキャスリングでした。

(おまけ)

私の中での、キングオブ博多ラーメンの秀ちゃんラーメンです。美味しゅうございます。福岡城から歩いて15分ぐらいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする