キャスリング 館山城編

JR内房線館山駅から南に2キロ、25分歩くと館山城があります。

車の場合、富津館山道路富津インターから南に7.5キロ、20分ほどで無料の城山公園第一駐車場に着きます。


駐車場から7分ほど歩くと模擬天守に着きます。

1580年 里見義康が築城しました。

天守は館山市立博物館になっていますが、今回のキャスリングは間に合わず閉館でした。

1614年 館山藩2代目の里見忠義は、大久保忠隣の孫娘を妻と迎えており、大久保忠隣の改易の連帯責任で改易となり伯耆国倉吉に異動となり、館山藩が廃藩、館山城は破却され廃城とななりました。

城山からは東京湾が一望できます。

その後、佐貫藩主の内藤政長により安房国は管理されますが、1781年旗本の稲葉正明が加増を受けて、館山藩が立藩されますが、麓の館山陣屋が政庁となりました。

暑い夏の夕方、20分のキャスリングを終え、里見茶屋にてかき氷を頂きました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする