キャスリング 小泉城編

東武小泉線小泉町駅から西に800m、10分歩くと小泉城跡があります。

車の場合、お城の南東に無料の駐車場があります。

1489年 結城合戦に敗れた結城持朝の子の結城持光(富岡直光)が古河公方の足利成氏から所領を与えられて、富岡城(小泉城)を築城しました。


富岡一族は、6代続き古河公方、上杉氏、北条氏の勢力下で時代を生き抜いてきましたが、1590年 豊臣秀吉の小田原征伐で浅野長政に攻められ落城、そのまま廃城となりました。

二の丸が駐車場となり橋を渡ると本丸です。

本丸の真ん中が芝生広場になり、近所の方がグラウンドゴルフを楽しんでいました。本丸の周りは高さ3mほどの土塁になっています。

現在の城郭は北条氏の時に改築されたものとなっています。

本丸の堀をぐるっと周ってみました。

本丸の北側は城之内公園となっており、遊具などがあります。中島飛行機小泉製作所などの工場が太平洋戦争で爆撃された時の地蔵尊や江戸時代から明治時代流行った庚申塚などがあります。

北側の土塁の脇には、東武鉄道小泉線が走っています。北に足利氏の鑁阿寺、北西に金山城、東に館林城と名城に囲まれた小泉城は30分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする