キャスリング 備中松山城編(現存天守12城・日本100名城・日本三大山城)

JR伯備線備中高梁駅から北に4.5キロ80分歩いた所に備中松山城があります。

車の場合、岡山自動車道賀陽インターから西に10キロ、20分で城見橋駐車場に着きます。駐車場に車を停めてシャトルバスでふいご峠まで行きます。(往復400円)

城見橋駐車場までの道のり画像です。国道180号線からだと、川端町の交差点を曲がり伯備線の踏切を渡ります。道が狭いので注意して下さい。

国道180号線から5分ぐらいで城見橋駐車場に着きます。ご覧の通り広大な駐車場です。

平日ですと、(鞴)ふいご峠まで直接行けます。道が狭いので注意して下さい。

ふいご峠は5台ぐらいの駐車スペースでした。

ふいご峠から天守まで30分歩きます。運動靴やトレッキングシューズが良いと思います。それではキャスリングスタートです!

中太鼓櫓跡が見えてきました。何もない山道の中に石垣が現れるとテンション上がりますね。登城心得通り、足元に気をつけながら歩きましょう。

ここが山道の中間地点です。

スタートして30分・・・真田丸のオープニングの音楽が頭に流れました。それにしても美しい!大手門跡から入城します。

標高430mの臥牛山に、1240年秋庭三郎重信が最初に城を築いたとされています。日本三大山城の一つです。(①奈良県高取城②岐阜県岩村城③岡山県備中松山城)

戦国時代には三村元親が城主となり、毛利氏から離れ織田信長側につきました。その後毛利氏と備中争乱という争いが続きます。天守の入城は大人300円です。100名城スタンプも置いてあります。

左の写真は、土塀の奥に天守が見えます。右側の写真は本丸にある重要文化財の二重櫓です。天守には籠城戦を想定して囲炉裏などがあります。

備中兵乱で毛利方の小早川隆景により落城し毛利氏の城になりました。

江戸時代から明治時代まで、池田氏→水谷氏→安藤氏→石川氏→板倉氏と続きます。昭和初期に荒廃した備中松山城が修復されました。約80分のキャスリングでした。

(おまけ)

映画「男はつらいよ」の32作目、口笛を吹く寅次郎のロケ地になった薬師院です。上から法衣を着た寅さんが出てきそうです。誰かの家の法事に行って、みんなを笑顔にさせてくれるのでしょうか。


(おまけ)

新見往来と呼ばれる国道180号線沿いに、手打ちそば方谷庵があります。

幕末の藩政改革と閑谷学校を再興した山田方谷がお店の名前の由来だと思います。

暑い日だったので、さっぱりと食べられるもり蕎麦を頂きました。体がひんやりと癒され美味しく頂きました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする