キャスリング 七沢城編

小田急小田原線愛甲石田駅から北西に6.5キロの所に七沢城跡があります。

車の場合、東名高速道路厚木インターから北西に7.4キロ、20分ほどで七沢城跡に着きます。城跡は七沢リハビリテーション病院になっています。


1450年 鎌倉公方の足利成氏と関東管領山内上杉憲忠の間に争いが起こります。七里ヶ浜の戦いで上杉憲忠は敗退し、七沢山に城を構えたのが最初さと言われています。

1488年 山内上杉氏と扇谷上杉氏との仲が悪くなり、山内上杉顕定が扇谷上杉定正の七沢城を攻めました。奇跡的に大軍の扇谷上杉氏を撃破しましたが、扇谷上杉定正の兄弟だった七沢朝昌が戦死したと言われています。

1562年 北条氏が攻め七沢城は落城しました。小田原城の支城として渡辺五郎左衛門が城代となりましたが、16世紀頃に廃城となったようです。

リハビリテーション病院の敷地が斜面になっているのが、なんとなく城の面影として想像できるかなという感じです。石碑や案内看板を見て、病院敷地内を少し歩いて15分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする