キャスリング 山口城編(武蔵国)

西武鉄道狭山線下山口駅から西に600m、8分歩くと山口城跡があります。

車の場合、駐車場は無いですが、セブンイレブン、マクドナルド、バーミヤン、サンキ(衣料品店)がありますので、利用しながらになると思います。

平安時代末期に、武士団である武蔵七党の村山党の山口家継によって築城されました。


1368年 武蔵平一揆の際に、城主の山口高清は河越氏側につきましたが、上杉憲顕により攻め落とされました。

交差点の一角に案内看板があり、発掘調査の写真を見ると、この地域一帯が山口城であった事が分かります。

山口高忠の代になると上杉氏家臣の大石氏に仕えましたが、その後、北条氏に仕えました。

北側は丘陵、南側は柳瀬川と湿地に囲まれた天然の要害でした。

1590年 豊臣秀吉の小田原征伐で山口城は落城、廃城となりました。現在では、土塁、堀の一部が残されています。案内看板と土塁見物で10分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする