キャスリング 高山城編

JR高山本線高山駅から東に1キロ、13分歩くと高山城跡があります。

車の場合、市営神明駐車場が便利です。8時~20時まで30分ごとに150円です。駐車場から東の照蓮寺に向かって5分歩くと高山城跡の入り口になります。

東側に城山公園の駐車場がありますが、市内観光もしたかったので、こちらの神明駐車場に停めました。


三木自綱が高山へ進出し、高山城の西にあった松倉城を築城しました。越中の佐々成政と手を結び、豊臣秀吉に対抗します。

城山公園として整備されていますが、本丸までは山道で470m、歩いて8分ほどで、比高は100です。

1585年 豊臣秀吉の命を受けた越前大野城の金森長近が三木氏を攻め飛騨を制圧しました。金森長近は3万3千石の領主となり、三木氏の鍋山城を居城としました。

11月11日に熊が目撃されたそうです。2019年12月の登城ですが、念の為、鈴を鳴らし音を出しながら本丸に向かいました。本丸の途中にあるもみの木平に向かい、号砲平は帰りに寄ります。

1588年 金森長近は、天神山城跡を利用して高山城を築城しました。

山道なのでトレッキングシューズが良いでしょう。本丸まで160m!

1600年 築城から12年後、本丸、二の丸を完成させ、3年後には三の丸が完成し、城下町を整備し、京都にならい寺院を東山に集めました。

ここで本丸と大手に分かれます。本丸に向かうと途中にもみの木平があります。真ん中にはもみの木が植えてあります。

1692年 金森頼時が城主の時に出羽国上山藩に異動となり、加賀藩主の前田綱紀の預りとなりました。

一段上がった所が本丸です。階段を上がると石垣が現れました。

1695年 天領(徳川幕府の直轄地)となった為、高山城は幕命により廃城、破却されました。

復元された石垣の前が使者之間で広間に通じていました。当時は望楼型二重三階の天守で、安土城の影響を受けたとも言われています。

石垣の上は本丸屋形(御殿)です。縄張り図がありましたが、氷って見にくいですね。。。

東屋がある北側が搦手之門になり、太鼓櫓跡があります。

拾間櫓跡と拾三間櫓跡があります。

水手門と北側の中段屋形で、さらに下には二の丸屋形がありますが、熊が怖くなったので、駐車場に戻ります。

駐車場と本丸途中にあった号砲平(塩蔵)を見て駐車場に戻りました。駐車場から東側を見ると高山城跡のある標高686mの臥牛山です。

大手や二の丸まで周れば70分ほどかかると思いますが、今回は北半分だけ周ったので50分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする