キャスリング 畑谷城編

JR左沢線羽前山辺駅から南西に17キロの所に、畑谷城があります。

車の場合、東北中央自動車山形中央インターから西に16キロ、25分で畑谷城に着きます。(2020年2月キャスリング)


築城時期は不明ですが、山形城の支城として畑谷城を築きました。置賜地方と村山地方の境目の城として、最上義光から信任を得ていた江口光清を配置していました。

車は5台ほど置けそうなスペースがありました。

積雪の為、なんとなく道である所を進みキャスリングスタートです!(2020年2月登城)

スタートしてすぐ右手には迫力の大空堀があります。上杉氏侵攻の知らせを聞いて、急遽掘られた堀です。

東部大空堀は竪堀として山腹まで続いています。

登城口は南側と東側に2カ所あります。積雪でも登りやすそうだった東側から登っていきました。

10分ほど登ると標高549mの館山山頂の主郭に着きました。

1600年 慶長出羽合戦で、直江兼続率いる約2万の上杉軍が山形城を目指していました。上杉軍と最上軍の激戦が畑谷城で始まり、二日間の攻防で城主の江口光清が敗れ落城しました。

山頂主郭の四方に帯曲輪や空堀が築かれ、西には三重堀があります。(今回は見れていません)堀の深さや規模の大きさに圧倒された40分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする