キャスリング 足柄城編

JR御殿場線足柄駅から南東に5.3キロ(比高423m)の所に足柄城跡があります。

車の場合、東名高速道路足柄サービスエリアスマートインターから東に10キロ、20分ほどで着きます。(2020年2月キャスリング)

※県道78号線御殿場大井線は通行止めでした。県道365号線金太郎富士見ラインを通りました。静岡県と神奈川県の県境の足柄峠に駐車スペースがありました。


1392年頃に大森氏によって築城されたと言われています。標高759mの箱根外輪山の尾根を利用した山城です。階段を上がると本丸です。

1536年 北条氏綱により改修されたと言われています。

本丸にあたる一の郭と主要な曲輪が5つと堀切などがあります。

1568年 甲相駿三国同盟が武田信玄の駿河侵攻で破棄され、対策として1569年から1571年にかけて大規模な改修を行いました。堀切の土橋を渡ると二の郭です。

1587年 武田氏が滅び、豊臣秀吉との対立が深まってきました。北条氏光が城番となり改修を行いました。

二の郭の堀切を越えると三の郭です。

1590年 豊臣秀吉の小田原征伐で山中城が落城すると、北条氏光は小田原城に退却しました。井伊直政の攻撃で足柄城は落城しました。

小田原城、山中城、足柄城と北条の城を巡る旅でした。ここで起きた数々の歴史は富士山だけが知っているのでしょうか。足柄城は30分のキャスリングでした。

(おまけ)

足柄城から南西に15キロ、車で30分ほどの所に、とらや工房があります。

旧岸邸の一部を利用した、とらや工房で煎茶とどら焼きを頂きました。(煎茶付きで300円)キャスリングの束の間の休憩でした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする