キャスリング 上三川城編

JR東北本線石橋駅から東に5キロ、1時間ほど歩くと上三川城跡があります。

車の場合、北関東自動車道宇都宮上三川インターから南に6キロ、10分ほどで着きます。城址通りの入口を入ると、10台ほど置ける無料駐車場がありました。(2020年3月キャスリング)


1249年 宇都宮頼綱の次男の横田頼業が築城しました。

看板の裏にはトイレがあり、小綺麗に整備されています。

8代城主の横田元明の時に、今泉氏の姓を変えました。

模擬石垣を通ると本丸広場があり、芝生公園になっています。

1597年 14代城主の今泉高光の時に、宇都宮国綱の弟の芳賀高武に攻められて落城しました。落城までの348年間、横田氏(今泉氏)が続きました。

元は東西約500m、南北1000mの範囲に土塁を巡らせた広大なお城でした。本丸の周りには土塁が盛られ、お堀があります。

天気の良い早春の昼下がりで、近くの幼稚園児が堀の周りを散歩していました。土塁の高さも立派で、このような公園が近くにあるのは羨ましいですね。20分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする