キャスリング 名島城編

西鉄貝塚線名島駅から北西に1.3キロ、20分歩くと名島城跡があります。

車の場合は、駐車場は見当たりませんでした。付近は住宅街なので気をつけて下さい。

お城の東側にの曲がった坂を登ります。博多湾に突き出した標高50mの丘陵地帯に名島城がありました。豊前の大友氏の家臣立花鑑載が、立花山城の出城として築城したとされています。

1587年島津氏を降伏させ、九州を平定した豊臣秀吉は、筑前国など小早川隆景に与えました。

三方を海に囲まれた自然の要害の名島城は、水城として堅固な城でした。

小早川隆景は、養子の小早川秀秋に家督をゆずり名島城主となりました。

展示パネルがあるので歴史が分かりやすいです。東洋一と言われた名島火力発電所、リンドバーグが飛来した名島水上飛行場など、近代にかけても重要な場所でした。

1600年関ヶ原の戦いで小早川秀秋は、岡山城へ異動しました。中津城から黒田長政が入城します。しかし城下町の整備がしにくい土地という事で、福岡城を築城します。

本丸の南には階段があり、降りると名島神社があります。

福岡城築城の際には、名島城の門や石垣が流用されました。名島城にあった襖や障壁画は京都国立博物館に所蔵されています。

福岡城には、名島城の一部が移築され名島門の名前で現存されています。福岡城と一緒に見ると、歴史がつながりますね。南の方に下りて名島運動公園に出てきました。

福岡城にある名島城の脇門に使われていた名島門です。出城の本である立花城も見てみたいですね。名島城は、コンパクトなお城ですが、歴史がたくさん詰まっています。30分のキャスリングでした。

(おまけ)福岡空港に着陸する寸前に、上から見た名島城です。高台にあるのが分かります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする