キャスリング 青木城編(因島村上)

車で、しまなみ海道因島北インターを降りて西に2キロ、5分走った所に青木城跡があります。

重井郵便局の横に由来説明の看板がありました。

1462年 京都の東寺は因島を荘園としていました。因島の地頭代に因島村上2代目 村上吉資が任ぜられ、因島の防備と年貢の輸送を頼まれていました。

1567年 因島村上6代目 村上吉充が、向島の余崎城から移り青木城を本城としました。築城時期は不明です。

標高約50mの山城で頂上から、南にある青影城と狼煙で交信をしていたそうです。

村上水軍は、北から因島村上、能島村上、来島村上の三家に分かれています。瀬戸内海の各所に関所を設け通行料の徴収、水先案内、海上防備、輸送、漁業などを行っていました。

因島の中にも8カ所の因島村上のお城があるそうです。ここまで来たら全部制覇したくなりました。時間の関係で頂上には登りませんでしたが、因島八十八札所になっている志度寺で安全祈願をお願いしました。10分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする