キャスリング 美可崎城編(因島村上)

車で、しまなみ海道因島北インターから南に9キロ、25分走った所に美可崎城跡があります。県道366号線を折れると、地蔵鼻、美可崎城跡の看板が出てきます。細い道なので気をつけて下さい。

車が4台ほど置けるスペースがありました。みかん園の中を入りますが、イノシシが出ないように柵があるので、閉めていきましょう。

みかん園を歩き、標高56mの三ケ崎を3分ほど、登っていきます。

2016年に、日本最大の海賊として村上海賊が日本遺産に認定されました。

771年 中部瀬戸内海を守る海の関所が造られました。

築城時期は不明で、室町時代中期頃、因島村上氏の家臣金山康時を城代としていたそうです。弓削瀬戸を隔てて弓削島が見えます。

海賊と言われていますが、掟に従い航行の安全と交易、流通の秩序を支えていました。

風光明媚で穏やかな時間が流れる島で、20分のキャスリングでした。行き帰りとも大型車は入れない狭い道ですので、注意して下さい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする