キャスリング 長島城編

JR関西本線長島駅、近鉄名古屋線近鉄長島駅から東に850m、10分歩いた所に、長島城大手門があります。

車の場合は、住宅街の中なので、近くのコインパーキングなどに停める必要があります。

大手門は、蓮正寺に移築され現存しています。

1235年 藤原道家が築いた館が、長島城の前身とされています。

1482年 伊藤重晴により城が再建されます。その後一向宗の住職により、伊藤氏は追放され長島一向一揆の拠点となります。

その後、織田信長に攻められ、滝川一益が入城します。その後、織田信雄が入城します

1586年 天正地震で天守が倒壊し大きな被害が出たので、織田信雄は清州城に移ります。

1621年 長島藩を治めていた菅沼氏は近江膳所藩に異動となります。

1649年 一時廃城となっていましたが、久松松平氏が入城します。その後増山氏が8代続き、明治維新になり、廃城となります。

城跡は、長島中部小学校、長島中学校になり、東側に石垣や堀が残っています。学校には長島城跡の看板がありました。大手門から西に5分歩くと学校があります。住宅街で道が狭いので注意して下さい。

遺構は少ないですが、様々な翻弄された地である事が分かりました。20分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする