キャスリング 江美城編

JR伯備線江尾駅から東に250m、3分歩いた所に江美城跡があります。

車の場合は、城跡北側にある上之段広場に車が停められましたが、子供達が遊ぶような公園なのでたまたまだったのかもしれません。広場から南の坂道を登ると模擬天守があります。

1484年 地元の蜂塚安房守が築城し、その後4代に渡ったと言われています。

1524年 尼子氏の伯耆攻め(大永の五月崩れ)で蜂塚氏は尼子氏の支配下となりました。

模擬天守は江府町歴史民俗資料館になっています。

1564年 毛利方の杉原盛重の攻撃で、蜂塚氏は一族ともに自刃し落城します。江美城は毛利氏の支配となり、吉川広家も改造し慶長年間まで存続したと言われています。

石垣は夏草で覆われていましたが、美作と伯耆を結ぶ要衝地で攻防が行われていた事が分かりました。20分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする