スパリング 塚原温泉(大分県)

大分自動車道沿いにある県道616号線(由布岳パーキングエリア近く)から小道に入り車で3分走ると塚原温泉があります。

平安時代に源為朝が狩りをしていた時に、傷ついた鹿が癒していたのを見て発見されたとの伝説があります。

酸性度の高さ日本第2位 ph1.4(※1位は秋田の玉川温泉)です。

大浴場、家族風呂、露天風呂など種類があります。

今回は露天風呂(大人600円)に入りました。強酸性の為かピリピリする感じがしました。石鹸などは化学反応でべたつくので使用できません。

緑に囲まれ伽藍岳の中腹に抱かれた温泉は、ダイレクトに地球の恵みを受けられます。

成分は、硫黄、緑礬、明礬、鉄、アルミニウム、カルシウムの硫酸塩泉です。雰囲気のある湯治場といった感じです。

入浴後は、散歩がてら伽藍岳(標高1045m)の火口見学(大人200円)に行きました。8月の真夏とはいえ標高800mなので涼しい風が吹いていました。

歩いて5分ほどで火口です。酸性度が高い空気の為か、鉄製の手すりはボロボロでした。

色々な所から噴気が出ています。南西を見ると由布岳が見えます。別府温泉の源となる伽藍岳の塚原温泉で日頃の疲れを癒して下さい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする