キャスリング 岩倉城編

名鉄犬山線岩倉駅から南東に600m、8分歩いた所に岩倉城跡があります。

車の場合は、県道166号線沿いに石碑が建っているので分かりやすいと思いますが、駐車場はありませんでした。

1479年頃織田伊勢守当主の織田敏広により築城されたと言われています。室町幕府の管領斯波氏の家臣として、尾張上四郡の守護代として織田伊勢守(岩倉織田氏)が支配していました。

清州織田氏の清州城と対抗する為の重要なお城でしたが、1558年に織田信長に攻められ落城しました。解説の看板には、堀幅は20mを越え、深さは3m以上と大規模な堀跡と強固な城だった事が解明されました。織田信長は、岩倉城を攻めた次の年に桶狭間の戦いで勝ち天下統一へと進めていきます。遺構は少ないですが、織田家を統一する為の重要なお城でした。コンパクトなので10分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする