キャスリング 嶽山城編

近鉄長野線滝谷不動駅から南に3.7キロ、60分歩いた所に嶽山城跡(だけやま)があります。

車の場合は、かんぽの宿富田林のテニスコートの裏にあります。かんぼの宿の施設なので駐車場もたくさんありました。泊りでも日帰り入浴でも楽しそうですね。

1332年 楠木正成が嶽山山頂に築きました。山の中腹には龍泉寺があるので、別名:龍泉寺城とも言います。テニスコートの横の小道を奥に100mぐらい進むと石碑があります。

1337年 南北朝時代に南朝方の佐備氏が守っていましたが、北朝方の細川顕氏により落城しますが、南朝方が奪還しました。

1360年 北朝方の細川清氏、赤松範実に落城し、その後河内守護畠山氏の支城となります。

1460年 応仁の乱の前哨戦である「嶽山城の戦い」で朝敵にされた畠山義就が、幕府軍の細川氏、山名氏などから攻められます。その後畠山氏の没落で廃城となります。

駐車場から歩いて3分なので10分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする