キャスリング 草津城編

広電宮島線草津駅から西に400m、6分歩いた所に草津城跡があります。

車の場合は、草津沼田道路沿いにありますが周りは住宅地になっているので、停められそうな場所はありませんでした。目印は鬱蒼とした林とこの階段です。奥に進むと基地局がありその奥に進みます。

築城年や築城者は不明ですが、1456年 武田信賢が草津城を攻め落とし、その後大内氏➡陶氏➡毛利氏と競って奪い合いました。

階段を上って、林を抜けると2分で草津城址の石碑があります。

1555年 厳島の戦いで戦功をあげた、毛利氏重臣の児玉氏を城代にします。児玉就方、児玉就英、児玉元昌と続きます。

1601年 関ケ原の戦い後、毛利氏は長州に異動となり、広島城には福島正則が入城した際に、草津城は取り壊されたと言われています。

当時、草津城の目の前には海が広がり、海運で栄えた海上交通の要衝でした。コンパクトなので5分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする