キャスリング 横須賀城編

JR袋井駅前3番バス乗り場から秋葉中遠線「大東支所行き」「横須賀車庫前行き」七軒町を下りて7分歩いた所に、横須賀城跡があります。

車の場合は、お城の西側に横須賀城跡公園駐車場があります。無料でトイレもあります。

横須賀城の南側からキャスリングスタートです!

1571年 武田信玄は、徳川家康家臣の小笠原長忠が守る高天神城を攻めましたが、攻め落とせませんでした。(城郭検定二級出題)高天神城は横須賀城から東に約6キロ地点にあります。

天守台に行く玄関にあたる本丸南下門跡推定されるスロープです。ここに城内最大の櫓があったと言われています。

1574年 武田信玄が没し、子の武田勝頼が高天神城を開城させます。(第一次高天神城の戦い)

天竜川の丸石を使った玉石垣は、なんとも言えない可愛い感じです。

1575年 長篠の戦いで武田勝頼は敗戦し、徳川家康は遠州地域の包囲を固めていきました。

1578年 徳川家康は、武田氏の高天神城の奪還する為に、大須賀康高に横須賀城築城を命じました。

1581年 横須賀城を拠点として、武田勝頼に奪われた高天神城を落城させました。大須賀氏→渡瀬氏→有馬氏→徳川氏→松平氏→井上氏→本多氏→西尾氏と城主が目まぐるしく入れ替わります。

天守台には、三重四階に天守があったと言われています。

1868年 20代城主の西尾忠篤の時代に明治維新となり廃城となります。

平山城で散歩する感じで歩き回れます。

横須賀城の特徴は、中世と近世の二つの城郭構造を持っていること、大手門が二カ所あったことです。

駐車場のある公園の西側は二の丸でした。東側は三の丸です。本丸だけの40分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする