キャスリング 岩国城編(日本100名城)

JR岩国線の川西駅から歩いて北に2キロ、歩いて25分、車では岩国インターから5キロ、約10分走ると岩国城ロープウェー山麓駅があります。

ロープウェー山麓駅の無料駐車場に車を停めてロープウェーで山頂まで行きます。

ロープウェー代は往復で大人550円、岩国城入城料は大人260円です。

ロープウェー、岩国城、錦帯橋のセット券は大人940円で、15分おきに出ており3分で山頂駅に到着します。そこから歩いて10分で天守閣に着きます。

1600年関ヶ原の戦い以降、吉川広家が米子城から岩国領3万石で移封となり、1608年岩国城を築城しました。三層四階の桃山風南蛮造りでしたが、一国一城令で築城から8年で廃城となります。現在の天守は1962年に再建されました。天守の中は武具、甲冑が展示され歴史が勉強できます。天守閣から錦川と錦帯橋が見えます。

更に向こう側には岩国錦帯橋空港や岩国基地の滑走路らしきもの、瀬戸内海がうっすらと見えました。天守の近くには旧天守閣の石垣があり当時の石積み方法で修復されています。

築城からわずか8年で廃城となりましたが、ロープウェーの麓近くに建てられた陣屋は明治維新まで使われ現在は木香公園となり整備されています。

後から調べたら登山ができる道があり、一般車両は通行禁止でした。山麓から天守まで約2キロの道程になります。時間と足に自信がある方はロープウェーを使わない方法もありますね。

飛行機から見た岩国城です。錦川が蛇行して右曲がりの内側にある山の上に白くポツンとあるのが岩国城です。分かりにくいかな・・・

(おまけ)

ここまで来たら錦帯橋まで行ってみましょう!錦帯橋から見る岩国城はかなり高い所に建っている事が分かります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする