スパリング 道後温泉編(愛媛県)

愛媛県松山市の松山城ロープウェー乗り場から、西に500m歩いて7分の伊予鉄道市駅線上一万駅から8分乗って道後温泉駅で降りて300m、歩いて4分の所に道後温泉本館があります。

3000年もの歴史をもつ日本最古の温泉として知られていますが、非火山性で地熱と活断層がある事で自噴する単純温泉です。道後温泉本館の横には坂があり更に奥に山があり、活断層の境目である事が分かります。(ブラタモリで知りました)

白鷺が温泉で傷を癒していたのを村人が見つけ発見されたと言われており、神の湯本館棟の屋上には振鷺閣があり白鷺がライトアップされています。

1890年道後湯之町町長に就任した伊佐庭如矢氏は、道後温泉の改築に取り組み様々な抵抗がある中、「この道後温泉が100年経っても、真似のできない物を造ってこそ意味がある。人が集まれば町が潤い、百姓や職人の暮らしも良くなる」と理解を得て成功させました。

お城だけでなく、様々な所に歴史と人の苦労があり存在している事に改めて気づかされます。

風情がこれだけあるのに関わらず、公衆浴場として大人410円(神の湯)で入浴できるにはありがたいですね。他にも霊の湯、二階席、個室など色々なグレードがあるので、楽しんで疲れを癒してください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする