キャスリング 七松城編

JR東海道本線立花駅から東に700m、8分歩くと七松八幡神社があり、七松城跡になります。

車の場合は、住宅街の中なので駐車できる場所がありませんので、駅前か尼崎市役所の利用になると思います。

七松城の築城時期や築城主は分かりませんが、環濠集落として機能していました。

1578年 織田信長の中国攻めで、羽柴秀吉軍の荒木村重は三木城の攻略をしていましたが、有岡城(伊丹城)で織田信長に反旗を翻しました。

織田軍から有岡城を攻められ、子の荒木村次のいる尼崎城に単身で移りました。織田信長からの「尼崎城と花隈城を明け渡せば、一族の命は助ける」という提案も荒木村重は退けました。

信長は村重への見せしめとして、女房衆122名が七松城で処刑されました。その後荒木一族と家臣達は、京都の六条河原で斬首されました。大河ドラマ軍師官兵衛でも、このシーンを見ると荒木村重の気持ちが理解できないですが、事実ここで起きた悲劇に冥福をお祈りします。

10分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする