キャスリング 亀山城編(丹波国)

JR山陰本線亀岡駅から南に800m、11分歩くと丹波亀山城があります。

車の場合は、府道25号線(画像の道です)から宗教法人大本の参拝者無料駐車場があります。

撮影禁止だったので、画像はありませんが、大本本部「みろく会館」には亀山城の展示パネルなどがあります。会館の方にお城見学の旨をお伝えし記帳を行い、無料で快く見せて頂きました。

会館で散策地図を頂きキャスリングスタートです!ただし禁足地と呼ばれる立入禁止区域があるので、注意して下さい。

1578年 織田信長の命で、丹波方面の攻略を任されていた明智光秀が築城しました。

1582年 本能寺の変で明智光秀は、織田信長を討ちました。しかし羽柴秀吉は明智光秀を討ちとり、羽柴秀勝(信長の四男)→豊臣秀勝→小早川秀秋→前田玄以が入城しました。

1609年 徳川家康は亀山城の位置づけを重要視し、天下普請で藤堂高虎の縄張りで大修築を行い、岡部長盛が入城しました。五重の層塔型の天守でした。その後、形原松平氏が入り、明治維新を迎えました。

大正時代になり、宗教法人「大本」を買い取り亀山城を復元しました。大本事件で政府から破壊された歴史があります。

近世になってからも激動の時代を舞台になったお城でした。約30分のキャスリングでした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする