キャスリング 唐沢山城編(続日本100名城・関東7名城)

東武佐野線吉水駅から東に4キロ、70分歩くと唐沢山城跡があります。

車の場合は、北関東自動車道佐野田沼インターから東に4.5キロ、12分走ると唐沢山レストハウスです。広い無料の駐車場があります。南の麓の唐沢山ポケットパーク(駐車場)に車を停めて唐沢山登山口からハイキングがてら登城するのも良いですね。片道1.3キロ30分ぐらい所要時間です。

唐沢山のポケットパーク手前の鳥居です。唐沢山レストハウスの駐車場ですが、猫が日向ぼっこをしているので、気をつけて下さい。

レストハウスの西側の風景です。唐沢山の下を北関東道のトンネルが通っています。高さ240mの唐沢山からは、関東が一望でき天然の要害です。

食い違い虎口からキャスリングスタートです!

食い違い虎口を入ると枡形になっており、ここには武者詰がありました。パンフレットがあるのでもらいます。案内地図を見ると、東西に細長い尾根づたいに曲輪を配しているのが分かります。

東に進むと大炊の井と言う巨大な井戸あります。築城の際に井戸を掘ると、こんこんと水が湧き出て、今日まで枯れる事がありませんでした。

927年 藤原秀郷が下野国押領使を任ぜられ、この地に築城しました。押領使は軍事警察みたいな役割です。

940年 平将門による天慶の乱が起きましたが、藤原秀郷が乱を鎮圧し、武蔵下野鎮守府将軍を任ぜられました。その後5代に渡り治めました。

井戸を越えると神橋があります。かつては敵を遮断する曳橋だったと言われています。城を東西に分断する四つ目堀がありました。

神社の参道みたいですが、ここが大手道と考えられています。

1180年 藤原成俊は佐野氏と名乗り、約30年に渡り城を完成させます。

読みにくいですが、唐沢山神社のご祭神として藤原秀郷が祀られています。

戦国時代 佐野氏は相模の北条氏、越後の上杉氏の二大勢力に挟まれ、どちらにつくか迷った末に、上杉謙信と手を結びました。

1559年 北条氏政は唐沢山城を攻めますが、上杉謙信は、佐野昌綱に援軍に出して北条氏を撤退させました。

猫が出迎えてくれる社務所で、続日本100名城スタンプを押します。

その後、佐野氏と上杉氏が仲が悪くなり、上杉謙信は唐沢山城を攻めますが、結城氏、小山氏、皆川氏の加勢により上杉氏を撤退させました。その後、上杉氏から攻められますがなかなか落ちず、関東一の山城と賞賛されました。

社務所の場所は蔵屋敷(南城)と呼ばれ、ここから東京が見えます。天気が良いと東京スカイツリー、新宿高層ビル群が見えます。南城は立派な石垣で守られています。

大手道に引き返して二の丸に向かいます。本丸石垣が見えてきました。関東のお城では珍しく石垣が多く使われています。

1587年 上杉氏と別れた佐野氏は、北条氏康の五男、氏忠を養子に迎え和議を結びました。

本丸石垣を右に見ながら進むと二の丸になります。スロープになっているのが、本丸大手虎口になります。

1590年 豊臣秀吉の小田原征伐で、佐野房綱は豊臣方につき、城内の北条氏を一掃しました。秀吉の名前から佐野信吉を名乗りました。

北側の士屋敷に通じる虎口です。本丸の大手虎口に向かうと鏡石のある本丸石垣があります。

1600年 関ヶ原の戦いで佐野氏は徳川家康方につき、所領安堵で佐野藩が成立しました。

1602年 麓に佐野城が築かれ、平安時代から続いた唐沢山城は廃城となります。

本丸跡には、藤原秀郷を祀る唐沢山神社があります。かつては奥御殿がありました。

神社境内にも石垣が配されています。東側の本丸石垣です。

唐沢山神社で旅の安全、家内安全を祈願します。

本丸から一段下がった所は南局と呼んでおり、奥女中の詰所でした。

唐沢山城が廃城になった理由として、江戸から80キロ以内の山城は禁止された説があります。江戸幕府の中枢を周りから見られないようにする、セキュリティー上の問題があったのかもしれません。小春日和の気持ちよい60分のキャスリングでした。

(おまけ①)

唐沢山城から南に5キロ地点に、新町薬師堂があります。小さい御堂ですが、関ヶ原の戦い前に、真田父子の別れの地です。

1600年 関ヶ原の戦い直前、直江状で怒った徳川家康が上杉氏討伐に向かっていました。同行していた真田昌幸、信幸、信繁親子が、例幣使街道の宿場町の犬伏で陣をはっていました。すると石田三成から書状が届き、豊臣方に味方するように書かれており、どちらが勝っても真田の家が残るように、兄昌幸と弟信繁が分かれて戦う事を決断したと言われています。つらい決断だったでしょうが、実際に真田の名前は残ったので、決断は正しかったという事ですね。

(おまけ②)

佐野市といったら佐野ラーメンですね。今回は足利氏館に向かうのもあって、道中のおぐら屋に寄りました。透明感のあるスープで美味しゅう頂きました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする